日本最古の禅寺、京都の建仁寺に行ってきました

日本最古の禅寺、建仁寺

kenninji01

鎌倉時代の建仁二年(1202年)将軍源頼家が寺域を寄進し、栄西禅師によって開かれた臨済宗建仁寺派の大本山で、周りに14の塔頭が建ち並ぶ大きなお寺です。

創建時は真言・止観の二院を構え天台・密教・禅の三宗兼学の道場として当時の情勢に対応していましたが、正元元年(1259年)、宋の禅僧、蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)が十一代目の住職として住持してからは禅の作法や規則が強化され、純粋な禅道場となりました。

やがて室町幕府により中国の制度にならった京都五山が制定され、その第三位として厚い保護を受け大いに栄えます。

自由なお寺!?建仁寺はオール撮影OK!

建仁寺は境内散策は自由ですが、本坊、方丈、法堂を拝観する場合は拝観料が必要になります。

が。。

本坊にて拝観料500円を支払った時に、「写真撮影すべてOKです、ご自由にお撮りください」と言われました。

おやおや。

建仁寺には国宝の風神雷神図屏風(レプリカ)や堂内の襖絵、双龍図などありますが、これも撮影OKなんです。太っ腹ですね。

歴史あるお寺なのですが、かなり自由なお寺さんでした。

kenninji02

こちらは俵屋宗達の最高傑作といわれている風神雷神図屏風。
キャノンが寄贈したという高精細複製作品なのですが、本物と言われたらそう思ってしまうくらいですね。本物は、京都国立博物館に寄贈されたそうです。

左に描かれているのが「雷神様」
日本の民間信仰や神道における雷の神様。
「雷様」「雷電様」「鳴神」「雷公」とも呼ばれています。

右に描かれているのが「風神様」
風の神、風伯は、風を司る神様。
風の精霊、或いは妖怪をそう呼ぶこともあるそうです。

潮音庭

潮音庭(ちょうおんてい)は本坊にある四面正面の枯山水式庭園、中庭です。
kenninji03
9月と言えど京都特有の暑い日でしたが、優しい風が心地よかったです。
部屋には、横になっておられる方も。

中央の3つの石は、四方のどこからでも正面に見えるように配されたということで、
庭を囲むようにある回廊のどこから見ても、まるで、額縁に納めたような風景が望めます。

〇△☐乃庭とは?

「〇△☐乃庭」という深いテーマを語りかける庭。

kenninji04

自然の三大要素である、〇は水、△は火、☐は地面を表しているとされています。

自然の恵みによって生かされていることに感謝することから、心の修行が始まる。

との意味合いを持っているそうです。

室町時代の建物、「方丈」

kenninji05

重要文化財でもある方丈は、室町時代の建物。
元々は、広島の安国寺にあり、慶長4年(1599年)に建仁寺に移築されたそうです。

そして目前に広がる石庭が「大雄苑」(だいおうえん)
枯山水式庭園、中国の百丈山の眺めを模して造られたと言われています。

白砂は雲海を表し、岩はそこから突き出てそびえる山の頂き。
雄大な景色を見下ろしている感じですね。

百丈山の別名が大雄山であることから「大雄苑」と名付けられました。

法堂の天井画「双龍図」

法堂に足を踏み入れると、凛とした空気が漂います。

天井を見上げると圧巻の双龍図。

平成14年(2002)に建仁寺創建800年を記念して、画家の小泉淳作氏が約2年の歳月を掛けて取り組まれた大作です。畳108畳に及ぶ壮大な水墨画です。

kenninji06

写真の撮り方がヘタクソで申し訳ないですが、ものすごい迫力です!
是非、実際に足を運んでご覧下さい。

建仁寺の法堂は拈華堂(ねんげどう)とも呼ばれています。
これは「拈華微笑(ねんげみしょう)」という禅語からきているそです。

「拈華」は花を一枚ひねる、という意味で、「微笑」は微笑むという意味です。

奥にご本尊である釈迦如来と、弟子の、摩訶迦葉(まかかしょう)と、阿難陀(あなんだ)が安置されていますのでしっかりお参りしましょう。

御朱印

建仁寺にはオリジナルの御朱印帳があります。

今回、建仁寺の雲龍の御朱印帳が欲しくて訪れたのであります。

風神雷神と雲龍で迷いましたが、雲龍で。
そして購入した御朱印帳がこちら。

御朱印代込みで1400円です。

%e5%be%a1%e6%9c%b1%e5%8d%b0%e5%b8%b3
うっとりしますね^^

頂いた御朱印がこちらです。

拈華堂と書かれています。

%e5%bb%ba%e4%bb%81%e5%af%ba

建仁寺は美しい庭、歴史ある建造物、繊細な天井画。
建物の中も、見どころが満載でした。

とても気持ちのよいお寺です、是非また訪れたいですね。

ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする